やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2022/11/29
ソフトウェア受託開発業の消費税簡易課税制度上の事業区分と内外判定

[相談]

 私は、個人でソフトウェアの受託開発業を営んでいます。
 この受託開発ソフトウェアの売上について、消費税簡易課税制度上の事業区分は、第何種事業になるのでしょうか。
 また、私は上記のソフトウェアの開発業務の一部をインドの企業に委託しており、その成果物はインターネットを介して受領していますが、その取引は、消費税法上の国外取引という認識で合っているでしょうか。教えてください。


[回答]

 ソフトウェア受託開発業の売上の消費税簡易課税制度上の事業区分は、第5種事業に該当します。
 また、ご相談の場合のインド企業へのソフトウェア開発委託は、消費税法上の国外取引に該当するものと考えられます。


[解説]

1.消費税簡易課税制度の概要

 消費税の簡易課税制度とは、消費税法上の課税売上高と、事業の種類の区分(事業区分)に応じて定められたみなし仕入率を用いて、納付すべき消費税額の計算を簡便的に行うことができるという制度です。

 この制度の適用を受けるためには、原則として、その年(もしくはその事業年度)の前々年(もしくは前々事業年度)の消費税課税売上高が5,000万円以下であり、かつ、その年(もしくは事業年度)の開始の日の前日までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出することが必要です。

 なお、消費税簡易課税制度を適用するときの事業区分は、第1種事業から第6種事業まで6種あり、みなし仕入率はそれぞれの事業区分ごとに90%から40%まで10%刻みで定められています。

2.ソフトウェア受託開発業の消費税簡易課税制度上の事業区分

 今回のご相談の受託開発ソフトウェア業は、「日本標準産業分類」において「情報通信業(大分類G)、情報サービス業(中分類39)」に区分されています。

 日本標準産業分類の大分類の区分で「情報通信業」に該当する事業は、消費税簡易課税制度上は運輸業、金融業、保険業などとともに「サービス業等」として「第5種事業」に該当することとされています。

 したがって、今回のご相談の受託開発ソフトウェアの売上の消費税簡易課税制度上の事業区分は、第5種事業(みなし仕入率50%)に該当することとなります。

3.外国企業に委託したソフトウェア開発業務の消費税法上の課税関係

 消費税法では、国内において、事業者が事業として対価を得て行った資産の譲渡、貸付、役務の提供(「資産の譲渡等」といいます)には、原則として、消費税を課税すると定められています。

 上記の「資産の譲渡等」が国内において行われたかどうかの判定は、消費税法に定める場所が国内にあるかどうかにより行うものと定められていますが、資産の譲渡等が役務の提供である場合には、原則として、「その役務の提供が行われた場所」で判定すると定められています。

 したがって、今回のご相談のインド企業へのソフトウェア開発委託は、役務の提供が行われた場所が日本国外であることから、消費税法上は国外取引に該当(※)することとなり、我が国の消費税は課税されない(課税対象外)ものと考えられます。

(※)取引が、「電気利用通信役務の提供(インターネット等を介して行われる電子書籍・電子新聞・音楽・映像・ソフトウェアの配信など)」に該当する場合には、消費税法上の国内取引に該当するかどうかの判定は、「その電気通信利用役務の提供を受ける者の住所等」で行うことと定められていますが、今回のご相談のソフトウェア開発のように、著作物の制作を国外事業者に依頼し、その成果物の受領や制作過程の指示を、インターネット等を介して行う場合のその取引は、著作物の制作という他の資産の譲渡等に付随してインターネット等が利用されているものですので、電気通信利用役務の提供には該当しないこととされています。

[参考]
消法2、4、37、消基通5-8-3、13-2-4、国税庁「国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税に関するQ&A」(平成28年12月改訂)など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



個人で所有する貴金属の売却についての所得税の課税関係2022/11/22
電子帳簿保存法/メール添付した請求書データと同じ内容のものを郵送する場合の取扱い2022/11/15
贈与税の申告書の提出先2022/11/08
電子帳簿保存法/電子取引データの保存について改ざん防止措置を講じる場合の注意点2022/11/01
今年の年末調整で気をつけるべき点は?2022/10/25
従業員に会社から金銭を貸し付けた場合の利率の設定方法2022/10/18
年末調整のスケジュール2022/10/11
電子帳簿保存法/見積書の相手方への提出が複数回に及ぶ場合に保存すべきもの2022/10/04
親が自分で購入した墓石等の未払い代金の相続税債務控除適用可否2022/09/27
年の途中で土地を売却した場合の固定資産税納税義務者2022/09/20
すまい給付金を受給した場合の住宅ローン控除額への影響2022/09/13
丸投げ工事の消費税簡易課税制度における事業区分2022/09/06
住宅取得等資金贈与に係る贈与税の特例と暦年課税の基礎控除との併用可否2022/08/30
譲渡所得計算における、5%取得費と相続税額の取得費加算の併用2022/08/23
媒介者交付特例の適用を受けるための適格請求書発行事業者登録番号の通知方法2022/08/16
お問合せ
A.L.L.税理士法人
〒510-0833
四日市市中川原3-6-21-1
TEL:059-352-7640
FAX:059-354-0484
メールでのお問合せ

 対応地域:四日市市・桑名市・津市・鈴鹿市・菰野町・川越町・いなべ市・松阪市・伊勢市・名古屋市などその他の地域も対応可能ですので、ご相談ください。


まいこもん